BLOG

たじカフェの空気感を
そのまま言葉と、写真とともに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 開催報告(お客様の声)
  4. 【開催報告vol.41】『余白』が、私たちに教えてくれるもの。

【開催報告vol.41】『余白』が、私たちに教えてくれるもの。

こんにちは!
たじカフェ主宰者の田島(たじー)です^^


今月のたじカフェは
青山一丁目駅から徒歩7分くらいの場所にある「コーネルコーヒー」さんにて開催させていただきました♪

手前の椅子に座り、大きな窓からみえる景色が最高。


今回遊びにきてくれた方々に
「どうしてたじカフェにきてくれたの?」と聞いてみると


・息子の将来の選択肢を広げたくて
・近くで予定があって、たじカフェがあることを思い出して
・ずっと気になってて、ようやくこれました
・もう少したじーさんと話してみたくて


それぞれのきっかけはちがうんだけど
終わってみると「このメンバーだから、この時間だよな〜!」と感じれることが、毎回不思議。笑





そして毎回たじカフェをするたびに
わたしは『余白』の大切さを感じます。
 
 
普段の立場や役割や意図から
たまには、離れてみる。
 
離れたからこそ、みえるものがある。
思い出すものがある。
 
  
『そのときの”感覚”に身を任せて
そのときの”人”や”時間”を楽しみ合って、ただ笑う。』

 
そんななんでもない時間が
心地いい『余白』をつくってくれるなと。
 
 
ステキなアイデアを閃いたり
大切なものを思いだしたり
必要なご縁が生まれたり
 
そうやって、また『次』の流れへと繋がっていく。
 
 
それが、『余白』のチカラ。
 
そして、それを感じられる1つの場所として
わたしはこの「たじカフェ」を大切に育んでいます。

それぞれ話したい人と、思いのままに過ごす。


初めましてとか、人見知りとか
そんなこと、ここではホントに関係ない。
 
はじめは緊張していても
しばらくすると、それぞれが思い思いの時間を過ごしてはじめる。
 
 
今回も1人1人の話をみんなでじっくり聴く時間もあれば
近くの人と個別でじっくり話す時間もあれば
 
小学1年生がもっていたゲームをみんなで遊ぶ時間もあればw
 
ほんと、自由だった。笑
 
 
 
そして、今回はおわった後も
珍しくなんとなくごはんにいく流れになって
気づけば、終電近くまで語らいを。
 

夜はコーヒーではなく、お酒を。笑
「究極の親子丼」というネーミング通りの、美味でした♪


計10時間くらい話も尽きずに
むしろ足らないくらい語らえるって、冷静に考えるとすごい(笑)
 
しかも一緒にごはんにいった二人は
『その日が初めまして』というね。
 
 
今回も、心地いい最高の時間でした♪


ご参加いただいたみなさん
とても楽しく、心地いい時間をありがとうございました!!



【今年最後のたじカフェは、こちらです!】

(vol.43)12月5日(木)12〜16時

(vol.44)12月15日(日)12〜16時

※場所は現在検討中です


「情報を見逃したくない!」という方は、
よかったら下記より、お問い合わせください!!

下記にご登録いただきますと、どこよりも早く開催情報をお伝えできます。


◉たじカフェへのお問い合わせはこちら◉



  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事